地下鉄の料金体系について

どうも簡潔にまとめられる自信がありません。何度か推敲しますので、1か月後くらいにまた読み直して頂けると嬉しいです。

ロンドンにはOyster Cardと呼ばれるSuicaのようなカードがあります。日本で事前購入が可能です。購入はこちらから。

現地でも買えるのですが、ヒースローの券売所はいつも混雑しているので、特に弾丸ツアーのメイトの皆様には事前購入を強くお勧めします。

ロンドン地下鉄の料金体系は大変複雑ですが、オイスターカードに残金さえあればスイスイ改札を抜けられるので、深く考えたくないわ、という方はちょっと多めにお金を入れておけばそれで済む話です。

ちなみにTravel Cardという紙のチケットもあります。一日券、一週間券など期間はいろいろあり、期間内は対象ゾーン内が乗り放題となりますが、6日以上滞在して乗りまくらない限り、オイスターカードの方が安い・・はずなのですがもしかしたら乗る時間によっては逆転現象が起きるかもしれません。英語サイトですが比較はこちら


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


以下は、ちょっとマニアックな話。

ロンドンの地下鉄料金一覧表はこちら(PDF)から見ることができます。

でもこれを見ただけで正確な運賃を計算することは至難の業です。いくつかの追加ルールがあるためです。

①Peak/Off-Peak
料金体系をややこしくしている原因に、ピーク/オフピークの設定があります。分かりやすく言うと、通勤で混み合う時間帯は料金が高くなっているのです。しかもこの時間設定は、オイスターカードとトラベルカードで違います。オイスターカードのピークタイムは、月~金の6:30-9:29と、16:00-18:59まで。平日のそれ以外の時間と、土日祝日は終日オフピークです。トラベルカードのピークタイムは月~金の始発から9:29までです。

ちなみに・・今英国政府観光庁の日本語ページを見てたのですが、オイスターカードの午後のピークタイムの説明が抜けてる?みたいです。

②Zone
それから、ロンドンの地下鉄はゾーン制をとっています。
まずは地図をご覧ください。ちなみに、ポケットサイズのものが駅に置いてあって無料で入手できます。

ヒースロー空港はゾーン6に、皆様の目的地ウェンブリーはゾーン4にあります。とすると、料金はゾーン4-6が適用されるのか?というと実はそうではなくて、ゾーン1-6の料金がかかってくるのです。なぜかというと、ゾーンを越えて移動するときに、いったんセンターへ向かってから、逆方向の郊外へ向かうからなんだそうです。

③Cap
最後にキャップ(キャッピング)というルールをご紹介します。これは、あるゾーン内で一日に何度も利用する場合、一定額以上の課金がされないありがたいシステムです。一日券を買ったのと同じような扱い、とイメージして頂けると分かりやすいかと思います。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  


さてそれでは、実践問題行ってみましょうか。

問題1
メイトAさんは仕事を休めないため、土曜着、日曜発の弾丸ツアーを決行することにしました。フライトはBAのためT5発着です。ホテルは空港のそばにとろうと思ったのですがあいにく空きがなく、少し離れたハットンクロスに宿泊しました。ウェンブリーに向かう途中にいったんホテルに寄ってチェックインしたとして、Aさんの交通費は総額でいくらになるでしょうか?

回答:
ヒースローターミナル5~ハットンクロス ゾーン6内の移動:1.50ポンド
ハットンクロス~ウェンブリーパーク ゾーン1-5の移動:3.10ポンド
ウェンブリーパーク~ハットンクロス ゾーン1-5の移動:3.10ポンド
---------ここまでが1日目------------
ハットンクロス~ヒースローターミナル5 ゾーン6内の移動:1.50ポンド
合計9.20ポンド

いきなりひっかけ問題でした。ハットンクロスがゾーン5になったり6になったりしていることに気付くかと思います。地図を見るとこの駅は、ちょうどゾーン5と6の境界線上に位置しており、この場合はどちらのゾーンでも自分に有利な方を選択することができます。

だいぶ寝ぼけながら書いたので、もし間違ってたら教えてください。またそのうち問題追加します。


答え合わせにはこちらの片道料金計算ページへどうぞ。


注)地下鉄料金は2015年9月現在のものです。毎年年明けに料金改定があるので、新料金出たら反映しておきます。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-10 05:03 | Babymetal@Wembley  

<< ウェンブリーアリーナへの行き方 クレジットカードとレストランの... >>