カテゴリ:Babymetal@Wembley( 8 )

 

Babymetal@Wembley チケット関連情報

<ウェンブリー公演のチケット販売元と受け取り方法>

TicketMaster 日本への郵送または現地受取
My Ticket 現地受取のみ
Seetickets 現地受取のみ*
AXS 買えた人いるのかな??

聞くところによるとAXSは日本国内からうまく繋がらなかったようですが、イギリスから購入したらEチケのオプションがありました。AXSがちゃんと仕事してくれればよかったのに・・。

Seeticketsに関しては2.50ポンドのTransaction Feeなるものがチャージされていたため、これが郵送代ではないのか、などなど諸説紛糾していたようですが、結局カスタマーサービスにメールを送った方がいて、現地受取との回答を得たそうです。

Seetickets FAQ
”I live outside of the UK, will you mail my tickets to me?”


<チケットの現地受取に必要なもの>

写真つきID
購入に使用したクレジットカード
予約番号

チケットの受取は購入者本人に限られます。
受取場所は会場内のBox Officeで、当日午後5時ごろオープン予定とのこと。
引き換え開始時間が結構遅いのが、今ちょっと気になってるところです。IDとかクレカチェックしながらで、いろいろ間に合うのかと。


SSE Arena FAQs

”I have been instructed to pick up my tickets at the venue. When is it open?”



<ウェンブリーに行けなくなってしまった人のチケットは?>

SSE Arena FAQs

”I can no longer attend the event. Please could I have a refund?”
上記参照すると、StubHubで売れと書いてあります。公演会場と転売サイトが公式パートナーになっているなんて、日本とは一味違う。ここを通して売買されたチケットは購入者情報が上書きされるので、現地で受け取り可能になるんだそうです。

買い手に10%、売り手に15%の手数料がかかること、チケット代金の受取にPaypalアカウントが必要なことなど多少面倒ですが、売買した人の体験記もネットで読めるので、挑戦してみてもいいかもしれません。

<Tシャツの受け取りについて>

私はAXSのサイトで買ったのでそこからの引用ですが、どのサイトでも同じことが書いてあるはずです。

Please indicate size required when booking - this cannot be changed after booked. Sizes available are S, M, L, XL and XXL. T-shirts can be collected on the night of the concert - you will be sent a unique voucher nearer to the show date to exchange for the t-shirt.

ということで、Tシャツに関しては専用のバウチャー(引換券)が送られてくるようです。ここには明記されていませんが、予約完了メールにはE Voucherと書かれていましたので、メールのようです。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-11-24 00:24 | Babymetal@Wembley  

レストランのメニュー英語と実物

英語のメニューにある説明と、実物の写真をひたすら並べてみることにしました。
英語の説明で想像してから、写真を見てみてください。予想通りの食べ物、出てきたでしょうか?

①Rulesの看板メニューより。

Rib of Beef for two (850g)
with dauphinoise potatoes, spinach & Yorkshire Pudding


↓        ↓        ↓




d0085989_2103074.jpg


すいません、ちょっと写真が不完全でした。
Dauphinoise potatoesというのはじゃがいものグラタンみたいなものですが、この写真には載っていません。肉の下にある丸いモノが噂のヨークシャープディングです。プディングっていうからプリンを想像してしまうかもしれませんが、甘くないシュークリームの皮みたいな食感です。


②中華の点心より。Yauatchaのテイスティングメニューの一部です。

Sticky rice in lotus leaf
with chicken and dried shrimp

Har gau

Crystal dumpling wrap
with pumpkin

↓        ↓        ↓




d0085989_21154079.jpg


上から中華ちまき、えびの蒸し餃子、そしてオレンジのものがカボチャの蒸し餃子です。ハーガウがえびの蒸し餃子ですが、これはかなり知名度あるのでメニューでも説明が省略されてたりします。

③こちらはDonostiaの定番タパスより。

PIPERRAK: Blistered Padron peppers with sea salt
OLAGARROA: Octopus in Basque marinade


↓        ↓        ↓




d0085989_21253426.jpg


パドロンペッパーはガリシア地方の小さいピーマン。しし唐より甘いけど、時々辛いのが混じってます。種ごと食べられます。そしてオリーブと塩で味付けしたタコのマリネ。

④The Grazing Goatのサンデーローストメニューより。

Suffolk chicken, bacon & sage stuffing
with all the trimmings and seasonal vegetables

↓        ↓        ↓




d0085989_2131799.jpg


with all the trimmingsは付け合せ一式です。サンデーローストの場合、ヨークシャープディングとグレイビーソースのことを指します。写真右下の塊がヨークシャープディング。

⑤デザートいってみましょう。同じくThe Grazing Goatより。

Thyme roasted peach, soft meringue, iced almond parfait


↓        ↓        ↓




d0085989_21342050.jpg


えっ、パフェがこれ?ってビックリしたと思います。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-28 21:19 | Babymetal@Wembley  

イギリス英語


アメリカ英語とイギリス英語の比較サイトはきっとたくさんあると思うので、ここでは単純に、イギリスで使われている言い回しや単語をずらーっと書いていきます。

地下鉄編
Way Out 出口
Calling at.. ..に停まります
Alight here for.. ..へはここでお降りください
Top up オイスターカードに追加チャージをすること (日常では、飲み物を継ぎ足すときにも使います)

レストラン・カフェ編
Take away 持ち帰り
Eat in 店内で食べる
Still Water ガスなしのミネラルウォーター
Sparkling Water 炭酸水
Tap Water 無料の水道水 ・(きちんとしたレストランでは、有料のお水を頼んだほうがいいかと思います)
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-28 19:11 | Babymetal@Wembley  

ウェンブリーアリーナへの行き方

ウェンブリーアリーナ、現在はThe SSE Arenaと呼ばれてますが、ウェンブリースタジアムのすぐそばにあります。地下鉄でアクセスする場合の最寄り駅は「Wembley Park」駅。メトロポリタンライン(紫の路線)とジュビリーライン(グレーの路線)が乗り入れています。ゾーン4です。

ちなみに、徒歩20分のところにベイカールーラインのWembley Central駅、地下鉄ではなくチルターンレイルというのが乗り入れているWembley Stadium駅もありますが、一番便利なのはこのWembley Park駅です。

d0085989_18133977.jpg


ロンドン市内から向かう場合は一度ベイカーストリート駅を目指し、そこからメトロポリタンラインに乗り換えるのが一番速いです。

下の地図の通り、ジュビリーラインとメトロポリタンラインは並行して走っていますが、停車駅が違います。メトロポリタンラインは、北西の郊外に住む通勤客を効率良く市内に運ぶための快速路線で、ラッシュの時間帯はとても混み合います。

d0085989_175950100.jpg


さて、ベイカーストリート駅のメトロポリタンラインの発着ホームは合計で4本あります(Platform1-4)。写真では少し切れていますが、ホームの階段下にディスプレイが5つあり、これがちょっと、慣れないと見づらい。

真ん中(Departures)に発車予定の電車一覧が、両側の計4つのディスプレイにはそれぞれのホームの先発電車の詳細が表示されています。

d0085989_182145.jpg


ちょっと見にくいのでアップで撮ってみました。

下の写真を見てください。一番左が一覧です。

上から「1 Watford All Stations Ready」、1番線Watford行き各駅停車、間もなく発車の意味です。その次「2 Chesham Fast 3mins」、2番線Chesham行き急行、3分後に発車の意味です。

そして一番右が1番線のディスプレイで、Watfordと行き先が書いてあり、その後Calling at...と停車駅が続きます。真ん中が2番線のディスプレイで、同じように行き先と停車駅が書いてあります。ここにちゃんとWembley Parkとあるのを確認してから乗ります。

d0085989_18473536.jpg


一応Wembley Parkに停まると思われる電車は、Watford, Chesham, Amersham, Uxbridge行きです。もしかしたら他にもあるかもしれません。急行でも各駅停車でも停まるのは2駅目のはずです。急行は混むので、各駅停車の方がいいかもしれません。

注意するのはAldgate行き。これは逆方向に行ってしまいます。

ホームにも先発電車の停車駅が表示されているので、念のため確認。

d0085989_1850845.jpg


さてそんなこんなでウェンブリーパークに到着。地下鉄とは名ばかりで、駅は地上にあります。階段を上って改札へ。けっこう広いです。改札は2か所ありますが、大きい方に向かってください。

d0085989_18532767.jpg


改札を抜けてすぐ、正面にスタジアムのアーチが見えます。
アリーナは見えませんがスタジアムの右側にあります。階段を下り、高架下をくぐって・・・

d0085989_18591859.jpg


まずはスタジアムを目指して歩きます。
ここは、2012年のロンドンオリンピックのなでしこ決勝戦を見るために来て以来、久々でした。記憶にあったよりも道がきれいです。多分あの時は、土産物屋が両脇にずらっと並んでいて、ごみごみした雰囲気があったからかもしれません。

d0085989_1903797.jpg


スタジアム正面。奥のスロープはそのままスタジアムに続いているので、ここで右手にそれます。

d0085989_193282.jpg


到着。駅からゆっくり歩いて7分くらいでしょうか。

d0085989_1962100.jpg


d0085989_1993522.jpg


ボックスオフィスは正面向かって右手に。

d0085989_1995189.jpg


この日は何もイベントがなかったようで、アリーナの中には入れませんでした。
帰り際にスタジアムとアリーナの位置関係を撮影。

d0085989_191130100.jpg


おまけ。

スタジアムとアリーナの間にあるBrent Civic Centreというショッピングセンター。Sainsbury'sというスーパーが入ってます。小さい店舗なので営業時間の制限に引っかからず(大きな店は、日曜は6時間しか営業できないルールがある)営業時間は月~日7:00-23:00です。

d0085989_19133676.jpg

[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-27 18:09 | Babymetal@Wembley  

地下鉄の料金体系について

どうも簡潔にまとめられる自信がありません。何度か推敲しますので、1か月後くらいにまた読み直して頂けると嬉しいです。

ロンドンにはOyster Cardと呼ばれるSuicaのようなカードがあります。日本で事前購入が可能です。購入はこちらから。

現地でも買えるのですが、ヒースローの券売所はいつも混雑しているので、特に弾丸ツアーのメイトの皆様には事前購入を強くお勧めします。

ロンドン地下鉄の料金体系は大変複雑ですが、オイスターカードに残金さえあればスイスイ改札を抜けられるので、深く考えたくないわ、という方はちょっと多めにお金を入れておけばそれで済む話です。

ちなみにTravel Cardという紙のチケットもあります。一日券、一週間券など期間はいろいろあり、期間内は対象ゾーン内が乗り放題となりますが、6日以上滞在して乗りまくらない限り、オイスターカードの方が安い・・はずなのですがもしかしたら乗る時間によっては逆転現象が起きるかもしれません。英語サイトですが比較はこちら


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


以下は、ちょっとマニアックな話。

ロンドンの地下鉄料金一覧表はこちら(PDF)から見ることができます。

でもこれを見ただけで正確な運賃を計算することは至難の業です。いくつかの追加ルールがあるためです。

①Peak/Off-Peak
料金体系をややこしくしている原因に、ピーク/オフピークの設定があります。分かりやすく言うと、通勤で混み合う時間帯は料金が高くなっているのです。しかもこの時間設定は、オイスターカードとトラベルカードで違います。オイスターカードのピークタイムは、月~金の6:30-9:29と、16:00-18:59まで。平日のそれ以外の時間と、土日祝日は終日オフピークです。トラベルカードのピークタイムは月~金の始発から9:29までです。

ちなみに・・今英国政府観光庁の日本語ページを見てたのですが、オイスターカードの午後のピークタイムの説明が抜けてる?みたいです。

②Zone
それから、ロンドンの地下鉄はゾーン制をとっています。
まずは地図をご覧ください。ちなみに、ポケットサイズのものが駅に置いてあって無料で入手できます。

ヒースロー空港はゾーン6に、皆様の目的地ウェンブリーはゾーン4にあります。とすると、料金はゾーン4-6が適用されるのか?というと実はそうではなくて、ゾーン1-6の料金がかかってくるのです。なぜかというと、ゾーンを越えて移動するときに、いったんセンターへ向かってから、逆方向の郊外へ向かうからなんだそうです。

③Cap
最後にキャップ(キャッピング)というルールをご紹介します。これは、あるゾーン内で一日に何度も利用する場合、一定額以上の課金がされないありがたいシステムです。一日券を買ったのと同じような扱い、とイメージして頂けると分かりやすいかと思います。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  


さてそれでは、実践問題行ってみましょうか。

問題1
メイトAさんは仕事を休めないため、土曜着、日曜発の弾丸ツアーを決行することにしました。フライトはBAのためT5発着です。ホテルは空港のそばにとろうと思ったのですがあいにく空きがなく、少し離れたハットンクロスに宿泊しました。ウェンブリーに向かう途中にいったんホテルに寄ってチェックインしたとして、Aさんの交通費は総額でいくらになるでしょうか?

回答:
ヒースローターミナル5~ハットンクロス ゾーン6内の移動:1.50ポンド
ハットンクロス~ウェンブリーパーク ゾーン1-5の移動:3.10ポンド
ウェンブリーパーク~ハットンクロス ゾーン1-5の移動:3.10ポンド
---------ここまでが1日目------------
ハットンクロス~ヒースローターミナル5 ゾーン6内の移動:1.50ポンド
合計9.20ポンド

いきなりひっかけ問題でした。ハットンクロスがゾーン5になったり6になったりしていることに気付くかと思います。地図を見るとこの駅は、ちょうどゾーン5と6の境界線上に位置しており、この場合はどちらのゾーンでも自分に有利な方を選択することができます。

だいぶ寝ぼけながら書いたので、もし間違ってたら教えてください。またそのうち問題追加します。


答え合わせにはこちらの片道料金計算ページへどうぞ。


注)地下鉄料金は2015年9月現在のものです。毎年年明けに料金改定があるので、新料金出たら反映しておきます。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-10 05:03 | Babymetal@Wembley  

クレジットカードとレストランの支払いの話

チケット購入の時点で既にひっかかった方もいらっしゃるかと思いますが、こちらではJCBがあまり使えません。基本的にICチップのついたVISA/Masterのどちらかがあれば大丈夫です。ICチップつきのカードは、支払い時に4桁の暗証番号が必要です。

磁気ストライプのみのカードは使えないことが多いです。使える場合も、写真つきのIDを要求されることがあります。

d0085989_413288.jpg

ICチップ付きカードの写真↑

今まで日本から遊びに来た友人や出張者の中で4人に1人くらいは、ICチップ付いてないカードを持ってきちゃったり、暗証番号を忘れてしまったりというトラブルがありました。どうぞご注意ください。

クレジットカードは1ポンド以上の支払いならだいたいどこでも使えます。駅でも、郵便局でも。(個人商店だと時々、ミニマムチャージの設定があります)

日本とはちょっと違い、基本的にカードの処理はセルフサービスです。

d0085989_47443.jpg

こちらの写真はネットで拾いました↑

レジにはだいたいこのような機械がついているので、合計額が出たら勝手にクレジットカードを差し込みます。画面にEnter PINという表示が出たら、4ケタの暗証番号を押して緑のボタン。Connecting...のあとにRemove Cardと出たらカードを抜いて終わりです。カードを抜かないとレシートが出ないので、ぼーっとしてるとレジの人に「カード抜いて」って言われます。

現金で支払う場合、レジでお札の透かしを確認したりされます。偽札が多いようです。時々、スコットランド紙幣が混ざってくることもありますが、ちゃんと使えます。


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


ついでなので、レストランでの支払いについて。

着席形式のレストランでは、基本的にテーブルで支払います。Bill pleaseなどと言えば通じます。

話がちょっとそれますが、こちらでは店員を呼ぶとき大きな声を出しません。手をちょっと挙げる、またはアイコンタクトです。いいレストランだと、食事の進み具合を見ていて向こうから声をかけてくれたり、飲み物のケアまでしてくれるので、こちらから呼ぶ必要はなかったりします。

基本的にウェイター・ウェイトレスは担当テーブルを持っていて、担当以外のテーブルのオーダーは取らなかったり、会計準備のできる人が限られていたりします。このあたり、支払い含めサービスに日本よりは時間のかかることが多いです。

話を戻して。会計を頼むと明細を持ってきてくれます。オーダーに間違いがないかと、サービスチャージの有無を確認します。ロンドン市内だと10-12.5%加算されることが多いです。これが入っていれば、チップを払う必要ありません。入っていなければ、10%程度をチップとして追加します。でも強制ではありません。

クレジットカードで支払う場合、明細の上にカードを出しておくと、携帯型のマシン(・・と呼ばれているので日本語でなんて言うのか分からない)を持ってきてくれます。操作の仕方は普通の支払いと同じで、もう金額は入っているので、暗証番号を入力するだけです。このとき、操作の途中でチップを支払うか聞かれる場合もあります。あわせて支払ってもいいし、チップだけ現金で払っても大丈夫です。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-10 00:34 | Babymetal@Wembley  

ヒースローエクスプレスの特割(Advanced Ticket)

ヒースローエクスプレスのチケットは、日本では英国政府観光庁のページを通して購入することができます。しかし2015/9/10時点で、こちらでは「事前購入による5ポンド割引」のチケットしかありません。後述の90日前購入(65%オフ)/30日前購入(50%オフ)/7日前購入(25%オフ)による割引は、現在のところ本家サイトのみでの取り扱いとなるようです。

割引の名称について紛らわしいので、事前購入による5ポンド割引と区別するため、90日前購入/30日前購入/7日前購入による割引を便宜的に「特割」と呼んでみました。本家サイトでは単純にAdvance Saverと呼ばれています。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 


ヒースロー空港からロンドン中心部に出るにはいくつか方法がありますが、公共交通機関の場合、だいたいヒースローエクスプレス(HEX)か地下鉄か、で悩むことになると思います。

HEXはパディントンまで約15分、一方地下鉄でパディントンまで出ようと思うと、45分くらいかかります。HEXの正規料金は事前購入すると片道21.50ポンドで、それ以外にほとんど割引らしい割引はなし。しかもオイスターカードは使えません。たった15分で4000円とか、ボッ○クリもいいとこです。速いけど。

でも久々にサイトを見てみたら、特割とも呼べる大幅な割引チケットのカテゴリーが新設されていてびっくりしました。できたのはけっこう最近の話だと思います。なので2015/9月現在、ヒースローエクスプレスで検索しても、他サイトでは日本語の情報が見つからないかもしれないのでご注意ください。

さて、料金体系がちょっと複雑なので、通常の切符から順番に見ていきます。

通常イギリスの電車は乗越精算ができず、切符を持たずに乗車した場合は罰金の対象になります、が、HEXだけは車内でも精算でき、その場合は片道26.50/往復40.00です。

切符を事前にオンライン、または券売機などで購入してから乗ると片道21.50/往復35.00になります。VisitBritainのサイトではこれを事前購入料金として案内してるみたいです。

またHEXには1等車両(Business First)の設定があり、こちらは車内精算も事前購入も変わりません。片道29.50/往復53.00です。ちなみに何度か乗ったことありますが、何の特別サービスもありません。でも普通の車両(Express)より空いてるので、ゆったりはできます。たった15分ですが。

さてここからが、すごい割引。

90日前購入で65%オフ: 
Express 片道6.99/往復11.90
Business First 片道9.99/往復18.00

30日前購入で50%オフ:
Express 片道10.75/往復17.50
Business First 片道14.75/往復26.50

7日前購入で25%オフ:
Express 片道16.10/往復26.25
Business First 片道22.10/往復39.75


90日前の値段、かなり魅力的です。
利用条件は以下の通りです。

この割引切符はオンラインでしか購入できません。
チケットはEメールまたは携帯へSMSとして送られます。
復路は、往路の指定日から1ヶ月以内ならいつでも利用できます。
返金及び往路利用日の変更は出来ません。

予約はこちらから。
6ヶ月前から購入可能です。

ちなみにHEXは1時間に4本出ていますが、時間帯によって間引き運転があります。
詳細はこちらで。

また、空港まで15分!と宣伝していますがそれはパディントンからT2&T3までのお話。T4へは+4分、T5へは+6分かかります。利用する航空会社がどのターミナルに発着するのか、事前に調べることをオススメします。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 

ちなみにケーススタディとして。
(スーツケース問題は別にして)公演当日にヒースローから直接ウェンブリーへ行く場合

地下鉄のみ:
ピカデリーラインでアクトンタウン駅へ、同じくピカデリーラインの別方向の電車に乗り換えてライナーズレーン駅へ、メトロポリタンラインに乗り換えてウェンブリーパーク駅へ。所要時間約1時間10分、地下鉄料金は3.10ポンド。

HEX+地下鉄:
ヒースローエクスプレスでパディントン駅へ、ベイカールーラインに乗り換えてベイカーストリート駅へ、最後はメトロポリタンラインに乗り換えてウェンブリーパーク駅へ、所要時間は約45分。料金はHEXの90日前購入6.99、地下鉄が2.80で合計9.79ポンド。

地下鉄のみのルートでも意外と時間がかからないのは、中心部を通らず大外をぐるっと回ってアクセスするためです。ホテルが中心部付近にある場合は、HEXを使った場合の時間短縮率が上がると思います。


以上2015年9月の最新情報です。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-09 21:05 | Babymetal@Wembley  

【期間限定】Babymetal@Wembley応援特集

BabymetalのWembley Arenaでの公演が決まりました。来年の4月2日とまだ先の話ですが、日本からもたくさんの方が参戦されることと思います。

弾丸ツアーを組まれる方にとって、交通情報は命綱ともいえるもの。ネット上に大量の情報が溢れていますが、残念ながら古いものもたくさんあるのが事実です。在英日本人として少しでも皆様をお手伝いできるよう、最新の情報をこちらにアップしようと思います。

現地在住なので、残念ながらホテル情報はほとんど持ってません。ただしそのエリアの交通やレストラン情報などはお役に立てることもあるかと思います。お気軽にコメントにてリクエストください。
[PR]

by londontubeseiha | 2015-09-09 15:14 | Babymetal@Wembley