<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

OVAL(オーヴァル)


名前にひかれて降りてみた。ノーザンラインの南側、ゾーン2。

名前の由来は、駅から500mほどのところにあるクリケット競技場。ここがThe Ovalと呼ばれている。そういえば駅構内の壁に、スポーツ選手のようなシルエットが描かれていた。どうやら、クリケット選手を描いたものだったらしい。

ここは2005年7月21日、地下鉄爆破未遂の起きた場所でもある。

d0085989_6144321.jpg


d0085989_615169.jpg


d0085989_6151822.jpg


撮影:2008年1月

乗り入れ路線:ノーザンライン
[PR]

by londontubeseiha | 2008-01-23 06:15 | ノーザンライン  

RAVENSCOURT PARK(レイヴンズコートパーク)


もう記事にしたと思っていたんだけど、先日、改めて今まで制覇した駅をチェックしていたときに発見しました。撮ってPCに保存したまま、忘れ去られていたようです。

このブログを始めて1年半になりますが、まだゾーン1すら制覇できていません。よく行く駅は何度でも行くのに、行かないところは行く用事すらないんですねぇ。そうそう。かなり前に制覇した駅でも、最近の写真をアップすることがありますので、気になる方はまた覗いてみてください。

それにしても、北西(メトロポリタンラインなんか特に)の写真が全然ないので、今年はひとつこのへんも力を入れていきたいです。


さてこちらの駅は、ディストリクトラインの西側、ゾーン2です。その名の通り、駅近くに公園があります。

このあたりは、ピカデリーラインとディストリクトラインが並行して走っていますが、ピカデリーラインはこの駅には停まりません。あ、電車が来た、と思ったら、通過するだけのピカデリーラインだったりして…。

駅近くにあるキングストリート沿いには、「サイゴンサイゴン」というヴェトナムレストランや、ポーリッシュセンター内にある「ポランカ」というレストランがあり、どちらもとてもおいしいです。

d0085989_2192662.jpg


↑撮影:2007年3月

d0085989_0513698.jpg


d0085989_052551.jpg


↑撮影:2008年1月

乗り入れ路線:ディストリクトライン
[PR]

by londontubeseiha | 2008-01-20 02:19 | ディストリクトライン  

BRIXTON(ブリクストン)


2008年初の写真です。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、こちらはヴィクトリアライン南の端、ブリクストン。大きな地下鉄マークが印象的。写真の左手駅には、Sainsbury's(スーパー)がありました。

終点の駅って寂しいもんだなぁ、と、以前ハイバーネットに行ったときに思ったのですが、ここはちょっと違いました。確かにヴィクトリアを越えてから、だんだん人は少なくなってくるんですが、いざこの駅に着くと、また人がたっくさんいるんです。ナショナルレイルが乗り入れているためでしょうね。(ナショナルレイルの駅は、地下鉄の駅から100mほど離れています)

2006年に一時期、アスベスト除去のために閉鎖されていました。

ブリクストンには、アフリカ、カリブ、ジャマイカ等の移民が多く住み、暴力とドラッグと貧困の町として長く知られてきました。昨今は、いわゆるミドルクラスの人たちの流入により、多少の変化は見られるものの、やはりまだ、治安の良くない地域と言われています。90年代に銃犯罪の頻発したColdharbour Laneは、このブリクストン駅の近くにあります。夜はもちろんですが、昼間でもあまり人通りのない通りには行かないように、お気をつけください。

d0085989_21281753.jpg


撮影:2008年1月

乗り入れ路線:ヴィクトリアライン
[PR]

by londontubeseiha | 2008-01-18 21:30 | ヴィクトリアライン  

TUNNEL VISION

d0085989_2341834.jpg


TUNNEL VISION / Keith Lowe
(トンネル・ヴィジョン キース・ロウ著)

寒いので、引きこもりがちな日々が続いています。最近、念願のこの本を手に入れ(ご覧のとおり中古ですが)、10日もかかってようやく読みきりました。

主人公のアンディは地下鉄オタク。恋人レイチェルとパリでの結婚式を翌日に控えたその日、オタク仲間のロルフにのせられて、アンディはとんでもない賭けをしてしまう。始発から終電までの間に、地下鉄全駅を制覇すること。アンディは地下鉄の各駅を回りながら、パスポートやユーロスターのチケットをひとつずつ取り返す。全てを取り戻して、午前1時発のパリ行きユーロスターに乗れるのか?そしてレイチェルは何を思うのか?たまたま乗り合わせたホームレス、ブライアンの助けを借りて、アンディの奇妙な一日が始まる―

地下鉄ブログを書く身としては、一度は読まなければと思っていた本です。私の場合は、駅でいったん降りて、外に出て写真を撮っているのでちょっと違いますが。地下鉄の薀蓄あり、ほろ苦い人生の教訓あり。日本語訳も出ているようです。

それでは、この本の序盤に出てくる駅をいくつかご紹介。これから本を読まれる皆さんのために、ネタバレしない程度にとどめておきます。全然私が制覇できてない駅ばかりですが、写真を撮ったらリンクをつけようと思います。

MORDEN(モーデン)
ノーザンラインの南端。ここからアンディの旅が始まる。

BELSIZE PARK(ベルサイズパーク)
ノーザンライン、エッジウェアブランチ。アンディとレイチェルが住んでいる場所。

WILLESDEN GREEN(ウィルスデングリーン)
ジュビリーライン北部。ロルフが住んでいる場所。

UPMINSTER(アップミンスター)
ディストリクトラインの東端。アンディの最初の目的地。

KENSINGTON(OLYMPIA)(ケンジントン(オリンピア))
アンディが初めてレイチェルと会った場所。
[PR]

by londontubeseiha | 2008-01-13 06:28